親戚の訃報

親戚の訃報が飛び込んで来た。
病気による急死。肺炎だったらしい。
まだ若いのに。こんなに急になくなるなんて。
そう思った。

けど、本当に?本当に「まだ若いのに?」かな?

確かに平均寿命には達してないから若いと言えるけど。
割とまぁ、亡くなっても仕方ないと思える年齢じゃないかな?

私は今健康だけども、いつ死ぬかわからない。怖い。

生きている間に、私が考えたお話を、形にして、自分で読みたい。
自分が一番「こういう話が読みたい」と思ってる物語は自分の中だもんね。
自分で形にしないと読むことができない。

そのためにはもっと速く描かなくちゃ。速度を上げなきゃ。
仕事も家庭も暇なわけじゃない。
漫画を描くことに割ける時間は多くない。
毎日時間を作れるわけでもない。
速度を上げなきゃ。
もっと速く描かなきゃ。