どうでもいい事に引っかかる

魔法の続き、描き始めてるんですが。

魔法使いの服どうなってんのこれ?
手を出したいんだけど、どっから出すの?
ポンチョみたいなのをイメージしてた気がするけど・・・
どこから手を出がでてくるんだよっっ?!?!?!

さらに、髪の毛の色は何%のトーンだったか分からない。服のトーン何使ってたかわからない。

登場人物に至っては、過去分56ページ全体にわたってみんな顔が違うw ので、どれに寄せれば一番本来のイメージに近いかわからない。

転職して自分のために使える時間が増えたとは言っても、これからさらに増えるわけではないので、あらためて…いかに、描く速度を上げられるかがポイントです。

うん…でも…ポンチョやら髪の毛やらが、こだわりたいポイントだったら、こだわるのもアリだって思ってます。
しかしですね、私自身はどうでもいいと考えてる事なんです。
全然こだわりたいポイントじゃないんです。
でも、なぜか、絵を描いてるとこういうのに引っかかっちゃうんです。
木を見て森を見ずというか、落ち葉の葉脈を見て木も森も見てない感じです。

この、どうでもいいことが引っかかって前に進めなくなるのは私の性格だと思うんですよね。だから11年間も休止しちゃうんです。
どうでもいいことに引っかからないようにする対策が必要です。

時間を測って、タイムトライアル的にやれば、引っかからなくなるかな?